猫が多い日々

FF14の製品版発売と同時に開設。 時々お酒とか猫とか。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

まだまだ出先

どうでしょう?
世の中に変化はありましたか?

出張中の移動で深夜二時まで設営なんぞしつつ、やっと迎えた初日も終了です。
FFから遠ざかったままです。

ワインとバーボン。
ステーキなんて取引先の社長にゴチになり、大浴場の利用客が少なく一人で満喫してました。
湯船がなんたらローズの入浴剤で赤かったことは気にしません。



現在は湯上りで発泡酒のみつつウマーって。
明日もがんばらないとね。
  1. 2010/12/06(月) 00:02:11|
  2. FF14
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サボり明け

がっつりとサボっていました。
リーマンな身としては年末に向かう季節はねぇ。
本人的には数日のつもりだったのに、世の中の時間速度では半月以上経っているようで…

「はえ~な~」

なんて素直に思ってみます。

途中で大型アップなどがあったようですね。
ギャザラーな身には下方修正な感がぬぐえません。
適正ランク以下で発動していたクイックをなぜに適正ランクエリア限定にしたのでしょうかと。
ギャザラに着替えるたびに何個アクションを入れ替える必要があるのかと。
それにストレス感じないぐらいにレスポンス早くしたのならまだ考慮の余地が無きにしも…

また戻りそうな予感いっぱいだけどね。


あとは画面構成やらログ関係をいじれるようになったのは嬉しいです。
タブもついたしね。
でも、一番ほしかったのは合成や採掘中のチャット時にLS切り替えられる機能だったのですが…
そこはスルーでしたね。
同じ不満もってる人いると思うのだけれど。
あとはウインドウ位置をいじれるのはいいのだけど、合成中の専用ウインドウ…
せっかく移動しても次の合成には戻ってるぞぉおお。
僕が機能しらないだけなのかなぁ。
画面下にログとシステムを配置しているので、現状だと合成ウインドウに隠されてしまって不便なのです。
これは早期解決してほしいなぁ。

不満いっぱいのようですが、いろいろ早くなったのは嬉しいです。
でも、ここで喜んではいけません。

この状態以上でやっと発売に踏み込めるLVだったのではないでしょうか?
色々と微妙な返答がありますが…
もう、みんなわかってますよね。
素直に謝ればいいのにと。

「馬鳥って言ってごめんなさい」とかね。


~~~~~~~~~~~~~


採掘と彫金が30歳みえてきたようです。
他もがんばれば20歳にはなれそうな気配です。
でも、がんばって合成しないとアイテムがまたあふれつつあります。
所持数が増えたのも束の間でしたよ。

アイアンナゲット&シルバナゲット&ブラスナゲット
ドードーレザー

こやつらが所持欄から消える日はくるのでしょうか。


そんな遠い目をしている現在。
FFが数日できないこと確定している出張先のホテル一室にて更新中。







  1. 2010/12/03(金) 21:44:58|
  2. FF14
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

黙々とひたすらに

座椅子にコタツで和っぽくFFを楽しんでおります。
平日のデスクワークと週末のFFモードのせいでしょうかね?
ちっと尻が痛いです。
くうう。
寝ながらできる設備ぷりーず。
そんな休み明けです。

彫金25
鍛冶20

もうずっと同じもの作っていたのですが、さらに追い討ちをかけました。
ゲーム楽しんでますか?なんて聞かれるものなら…ねぇ;;
気分転換で園芸もしてましたよ。
なんとか24にはなったのですが、@1ランクあげる気力がもちませんでした。

逆に採掘は25になったのでグレ4リーブを受けることができるように。
園芸グレ3リーブと開始場所が近いのが助かります。

掘り出せる物も新しくなりました。
金砂とか霊銀鉱とか…
でも、どっちも一撃目で掘りきれず終了に。
ランクたらんのかなぁ。

ただね;;

こやつら掘れるのがリーブ中だけでるポイントなのですよ。
通常で採掘可能な周囲のポイントからは、あいかわらず鉄とか銀とかみなれたものばかり…
他国でもそうなのかなぁ?
とりあえずはグレ4走れるようにトークン集めなくてはです。

あとはアクティブがポイント周辺をうろつくようになってきました。
以前から感じていて微妙に愚痴っていましたが、戦闘能力の底上げは必須ですねぇ。
移動中に出会ったドードー先生を地味に叩き続けました。
なんとか格闘は20に。
でも、ぜんぜん弱いです。

並行上げ&素敵クラフターの道がだんだんと険しくなっていきますねぇ。
スタイルは変えないけどね!





  1. 2010/11/08(月) 12:51:22|
  2. FF14
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

方向性?

さぼりたおしてました。
いあFFはプレイしてたんですけどね。
力尽きて寝てしまう事が多くて…

彫金を地味にあげていると、後を追従している彫金が装備品の修理に出番が多く、22ぐらいには早くなりなさいとのお話が。
確かにカバンと倉庫にはアイアンナゲットがあふれ出しつつあります。
適正付近のレシピはまだ、ブロンズナゲットからの加工品が多いのですが、多少われても座れるし素材もナゲット一個だけなので変更。

アイアンニードル・オンライン~そしてNPCへ~

そんな状態なっていました。
容赦なく襲い掛かるリーブは練成やら裁縫やらの底上げに使い、あとは単品を量産。
飽きたら主器を持ち替えてまた単品連打。
心が折れそうです。
そら仕事明けの遅い時間なら意識もとびそうになるよね。

ギャザラー家業も忘れていませんよぉ!
園芸強化週間のおかげで、ずいぶんと採掘に追いついてきました。
採掘:25
園芸:23
誤差の範囲ですよね。

ただし!
25から解禁になる装備が意外とあるのです。
LSでお願いして先行で作ってもらっていたので、はやく使いまわせるよになるには更なる園芸の強化が!
じぜるさんに教えていただいたスキルも早く覚えたいですしね。

シャード集めに使っていた弓のランクも上がってきました。
リムサのグレ2エリアのプークと羊さんが、、、、ドロップ悪くなってきたようです。
適正だましだまし狩ってたけど限界かなぁ。
ドードー先生にまたお世話になるのかもしれませんねぇ。

火クリがぁ;;










  1. 2010/11/03(水) 01:17:33|
  2. FF14
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

ちょっと停滞

ブラスリングゾーンが思いのほか長く、どこまでこれでいけるのだろうと心配になりつつあります。
他のレシピの意味って、、、、
製品を販売するカバンの余裕ができないかぎりは、何屋なのかわからない物を作り続ける日々ですね。

シャード集めつつ伸ばしていた格闘で、やっとトークンが集まってきました。
思い込みでランク20にならないとアクション覚えられないのかな~なんて。
ぜんぜん大丈夫でした。

『裏拳』覚えてみた!

攻撃があたるとTPゴリっと増えますね。
あいかわらずの調整具合に笑いつつも少し気分は新鮮に。
防具切り替えたいけれど、それにはもちっとランク上げる必要があるなと目標確保。


~~~~~~~~~


コットンダブレットを作ってもらいました!

012a.jpg


かなり細身になれたようです。
性能も素敵ですね。(こういうのを作れるようになりたひ)
あまり気にせずに合成続けていたのですが、ちもっと寄り道心に火がついたのでしょう。
追加効果での組み合わせを見るようになりました。
単純に高性能なものを集めればいいのかもしれませんが、現地合成を行うギャザラーとしては兼用できる部分を増やしたいのですよね。
耐久の落ちは激しくなるかもしれませんが、現状ではマクロ切り替える際の硬直がね。
一個一個読み込んではグラフィック変えてまた読み込んで、、、、、
一気に変更箇所読み込んでから、まとめてドーンってグラ切り替わらないもんでしょうかねぇ。

戦闘と採掘の装備兼用も考えなくては…
掘ってる横をよくドードー先生が通過するんだよね。
普段探すといないくせに。

IN時間が多くとれなかったのと、ローカルリーブの適正が合わない物が多かったため、今週前半は平たく経験を稼いだようです。
ランクUPがほとんど見れなかったのが残念な。
きっと週末にかけて色々あがるよね!
そう信じたいながらも、、、、、土曜出勤&日曜外出が確定しております。


おまけ:右手に何かが集まっているようです。

013a.jpg


  1. 2010/10/29(金) 01:10:24|
  2. FF14
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

いわつみ

Author:いわつみ
FF14
Gysahl鯖にて活動中
キャラ名:Mahito Iwatsumi
FFXIV PROF

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
FF14 (30)
はじめに (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。